• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

元対ザンギ チーム対抗戦報告(mixi日記より加筆修正)

きっかけはしたらばザンギ板でした。
箱のトップ元プレイヤーから対抗戦の申し込みが!誰が出るんだろう・・・と思っていたら、光栄なことにツイッター勢のザンギエフレンドからお誘いの声が!9月時点での自分のPPは約4000で、確かに数字上での資格はありました。
いろいろ考えた結果、参加決めました!

参加メンバーはアカホシさん、momoganさん、阿修羅バスターさん、そして自分。


事前情報を聞くと、元側が用意した面子はかなりの使い手ぞろいで、GODSGARDEN決勝トーナメント進出別ゲーで全国優勝!とそんじょそこらの腕でないと判明。ザンギ勢に動揺が走ります。

いかん・・このままではわからん殺しだけで4タテされるんじゃね?油断して初歩的なわからん殺しだけで終わってしまったら末代までの恥。

そこで、対戦経験が少なかった元についていろいろ調べて、実戦で使ってみることにしました。実は自分、もともとゼロ3時代にサブキャラで元を使ってた経験があります。気合を入れてサブキャラを仕上げるつもりで逆対策開始!

実は事前に敵情視察目的で元スレをざらっと流し読みしてみたのですが・・・、コメントのみならずスレタイまで、性能強化の要望だらけ。ザンギの3フレ小足返せとか横レスしようものなら、総出で暗殺されそうな雰囲気でした。

そして二日間ムックとにらめっこ。トレモでいろいろ試し、わかったことは即座にツイッター上で報告。アカホシさんがわざわざgoogleドキュメントを用意して日々更新してくれたので、即座に情報整理できました。元対策がまとまったのはアカホシさんのおかげです。あざっす!

2日目にプレマデビュー。それなりにいい勝負ができるようになったところで、身内ザンギと対戦。

結果、分かったことは・・・!


地上立ち回り:
一方的な有利不利はなさげな印象。でも期待値はザンギ大勝
元の牽制技はどれも癖があるがそれなりに優秀。生セビ当ても他キャラと比べても優秀。対策としては、仕込み立小Kがベストかな。

確定反撃:
EXバニ後はセビキャンしても惨影確定。

元側の心理
生大P、百連コウ仕込み中P、中Kを何度もスカされると、跳び、セビ、ダッシュで揺さぶりたくなる。

対空技:
理論上、超反応できるのであればザンギの跳びの9割は落とせる。
喪流の対空が豊富。屈大P、立大P、早出し強ゲキロウ、垂直ジャンプ中K。忌流なら昇大K、屈大K。
忌流昇り大Kは二発入った後スパコン追い打ちが確定!やるじゃん!

が現実は甘くなかった・・・。
最終的にザンギ側がジャンプ大Pの打点と位置を微調整するだけで、かなり不安定になる。
ヒットしたら余裕で家訓してコパ+EXバニ→起き攻め。
安定して落とせるのはEXゲキロウのみ。要ゲージなのでしばらくスパコン使えない。
また刺し合いの最中空振りした瞬間跳ばれたら大ピンチ
とくに屈大P。以下後述。

割り込み技:
一度跳びをガードして有利フレームとられると、昇竜コマンドこすって割り込むしかない。
しかもセビキャンできない。本当にかわいそう。

最大の弱点:
対空の薄さも致命的だが、もっとヤバイ弱点が判明。
主力牽制の喪流立中P、屈中P、屈大Pの戻りが遅い
刺し返される率が、リュウケンの中足の比ではない。一回の中p空振りで元が死ぬ。
空振りした瞬間刺し返されないかヒヤヒヤ。その間動きが固まってしまうため上への反応が遅れやすい

あともう一つは攻撃力が低いこと。200以上のダメージ取るにはゲージ4本必須。
コアコパからの目押しからウルコンまでのルートはあるけど、補正のため全ゲージ放出しても400以下。
高威力コンボを狙うにはセビあるいはオウガ(三角跳び蹴り)のような単発技からの追い打ちしかない
この場合最大700以上のダメージが入る。

結論:
ザンギvs元は7:3
どうみてもイジメです。ありがとうございました。


そもそも病気持ちのおじいちゃんとプロレスラーとガチるという設定自体無理があります。この前の夏に女子高生がプロレスラーをフルボッコにするという出来事があったのですが、それはまたの機会に。

最初はわからん殺しが炸裂して、ザンギ相手に大立ち回りを見せる展開があったのですが、そのうち22インチの液晶画面いっぱいの老人虐待が展開されるようになりました。

ザンギ有利は動かないとは思いましたが、使い手のスキルと読みでどこまでいけるのか、というのが今回の見どころ。相手の腕が尋常でないので、ザンギ勢があっさり負けるかもしれないけど、それもよし。元は非常に魅力的なキャラなので、ガチバトルが終わっても使い続けようと思っています。

※ごめんなさい。やっぱり自分無理でしたm(__)m

さて、この段階で残りあと二日!9/14の夜21時からニコニコ生放送予定!




やばい!
自分、元ばっかり使ってて肝心のザンギ殆ど使ってないよ!


結果はいかに・・・!

スポンサーサイト

| スト4 | 2010-10-22 | comments:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。