• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

2012年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

元対ザンギ チーム対抗戦報告3(mixi日記より加筆修正)

2010年09月12日対抗戦当日

20:30

ザンギ勢4名で事前にプロレスやってアップ開始。
全員本調子どおり、強い強い。自分のにわか元相手とはいえ、事前に相当やり込んだこの4名相手にどうやって勝てるの?これなら先鋒4タテあるよ!

な感じでボイスチャットで盛り上がりました。

懸念された呼び出しガー不には、「この時間シャワー入から電話応対遅れるかも」と先手を打っておきました。
シャワー入ってないと知れたら具合が悪いので、試合後本当にシャワーに入る必要があります。
早めに切り上げられるよう、おじいちゃんには早く楽になってもらわなきゃ・・・。

ちなみに9/11は本当に自分の祖父の命日だったりします。
不謹慎な孫にバチがあたるか、それとも守護霊として力を貸してくれるか・・・。

20:45

予告通りついに招待状が。ザンギ勢に緊張が走ります。

20:55

参加者全員チームバトルルームへ集合

21:02

ニコニコ生放送の枠が確保され、いよいよ試合開始。
チームバトルの設定の操作がわからなくて、結局自分が先鋒を務めることに。
この1週間自分元ばっかり使ってて、肝心のザンギの練習できてません。
4人の中で一番弱いので先鋒は一番似あってます。でも4タテいくよー!




21:15

やはり現箱勢の元の上位プレイヤーだけあって、刺し合い合戦で先手を打たれ、決して楽な試合ではなかったのですが、事前のやり込みの経験のおかげであわてず処理できました。

3人目のprofeceryさんはさすが攻略記事を書くだけあって思うように立ち回れませんでしたが、2ラウンド目ゲージ温存モード+屈大Pでの牽制が読めたので、牽制に合わせた空ジャンプ祖国でKO。

そして大将のrokotsuさん。強い!間合い管理とダッシュからの奇襲が芸術的!しかも扱いにくい忌流での要所での立ち回りが上手く、これは想定外でした。結局、自分負けてしまいましたが、いいものを見れました。
本当に4タテで終了したら見所なくなっちゃいますし、主催者・観客としてはいい展開。

あまりにも上手すぎるrokotsu元を見て、ザンギ勢に衝撃が走りましたが、こちらは3人も戦力を温存しています。

「MOTAVIANがやられたようだな…」
「ククク…奴はザンギ四天王の中でも最弱…」


最終的に物量作戦で勝てるだろうと思いました。

次のザンギ勢はmomoganさん。前試合の情報を生かし初戦で勝利、次の2本はrokotsuさんが勝利。
2勝取られてしまいましたが、自分がストレート負けしたのと違ってちゃんと一本取れてます。
さすがのrokotsuさんでも徐々に追い詰められつつあるはず。
タイプの異なるザンギ4名連戦に耐えられる元はいないはず。

そして副将阿修羅さん。
ここでウルコンはシベリアンを選択。
元側はシベリアンの経験少ないだろうし、祖国よりチャンス多いのでは?
という阿修羅さんの予測が見事に当たりました。

一本目に体力リード奪われた状況で、画面端でのスクリュー後からの最速跳びを敢行。
それに対する元のバクステ回避を読みきってシベリアン!結果、大逆転勝利。
勢いに乗って2本目も阿修羅さんがトドメの大スクリューで勝利。
ボイスチャットで歓声がわきあがりました。

ということで
(ザンギ)      (元)
MOTAVIAN 2ー0 ishigantou
MOTAVIAN 2−0 ma2daira
MOTAVIAN 2−0 profecry
MOTAVIAN 0−2 rokotsu
momogan  1−2 rokotsu
K-ASHURA 2−0 rokotsu

4−2でザンギ側の勝利となりました。3タテ→逆2タテという流れは観客的に受けたと思います。

この後、エキシビジョンマッチが開かれたのですが、自分先に述べた事情で参加できず。
後に聞いた話では、rokostuさん、本戦で出番が回らなかったアカホシさんが大活躍されたそうで。



二週間近い戦いはザンギ勢の勝利で幕を閉じました。
主催者のprofeceryさんがわざわざザンギ板に告知し、ニコ生放送するという気合いの入った対抗戦だけに、
万全の態勢で臨まねば、とザンギ勢が結束し全力でキャラ対策仕上げにかかりました。


自分はしたらばとムックをひたすら見続け、ザンギを封印し元でプレマにチャレンジ。
元側の心理も含め、わかったことをツイッター上で逐次報告。

アカホシさんは情報共有のためわざわざgoogleドキュメントの共有スペースを用意し、追加報告のたびにまめに更新。しかも自分に続いて元使用開始。

阿修羅さん、momogannさんは、自分の元相手に毎日深夜の猛特訓。
分からん殺しに翻ろうされたのは初日のみ、そのうち元相手に一本も取らせない圧倒的な立ち回りをマスター。

ほんとうに楽しかったです。居住地がまったく別の4人がオンラインで協力し合い、ザンギ勢の応援に支えられ、ここまでキャラ対策を仕上げることができてよかったです。
自分は幸せ者です。ザンギ勢のみなさんありがとうございました。


元側の参加者も皆手ごわく、事前に準備してなかったら返り討ちにあうところでした。
元勢のprofeceryさん、rokotsuさん、ma2dairaさん、ishigantouさん、楽しいイベントに参加させていただき、本当にありがとうございました。

元対策メモ
http://ow.ly/2CQhC
(※現在リンク先消失)

あとわすれてた。自分のおじいちゃんの墓前で報告ししなければらないのかな・・・。
↓みたいに・・・




「たいこうせんでゆうしょうしたよ!」

スポンサーサイト

| スト4 | 2012-12-07 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

元対ザンギ チーム対抗戦報告2(mixi日記より加筆修正)

2010年09月12日対抗戦当日

11:30

箱を箱から取り出し宿舎でセットアップ。キーボードにPS2のロゴが入っていますが、問題なく使えます。

旅行かばんに箱一式


ブラウン管モニタの映りは悪かったのですが、対戦には影響ないレベル。
次にxbox360Liveへの接続テストを行い、これも成功。
次はオンライン対戦。元を使ってプレマ開始したのですが、どうも勝てない。やっぱ元はきつい・・・
デブを投入したところあっさり十連勝。近小K→近大Pの目押しもつながりまくって、タイムラグの問題はクリアー。さぁこれで負けても対戦環境のせいにできなくなりました!

日中は出張先から呼び出しの嵐・・・助けて・・・

17:00

元vsザンギ対抗戦予定の時間まであと3時間を切りました。
とりあえず、元側の行動を封じる立ち回りとキャラ差の押しつけについてはメンバー全員が習得。
「たぶん大丈夫」というのが、事前分析。

しかし相手のパイロット性能が尋常でないので不安だらけ。
そして出張先の呼び出し状況。頻度高いんですよ。最近!電話が鳴らないことを祈るのみ。
電話鳴ったら、会話に差し障りないように情報整理しつつガンガードの方針。

確反?自分片手でスクリューコマンド入力できるから大丈夫!
こんなこともあろうかと練習してた・・というのはウソですが、片手でスクリュー出せるのは本当。
CPU戦の最中、煙が吸いたくなったとき便利なんですよ。精度は落ちますが。

さてこの戦いが終わったら・・・おれ・・・元使いとしても頑張ろうと思うんだ・・・
(※ 結局断念しました)

なんかいろんな意味で死亡フラグ満載な気がしますが、気のせいでしょう。

さくらのほうが強くて楽しそうです。でも、阿修羅さんが先に女子高に転校されてしまったので、自分は養老院へ行きます。

では、良い死合を。

| 家庭用ゲーム | 2012-12-07 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。