FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

対ルーファス戦整理

スト4新キャラの中で特に攻撃力が高いルーファス。特徴は

1:リーチの長い地上牽制技
2:空中戦が強く、追い打ちダメージが高い
3:空中からのラッシュからの選択多い
4:EX救世主キックが完全無敵かつガード後も反撃しにくい
5:ウルコンで拾える状況多数

どんなに気をつけても、こちらから攻める限り常にEX救世主キックとウルコンのリスクと隣り合わせ。
ザンギvsルーファス戦は大方の意見は6:4でザンギ有利とされているが、慣れてないと一方的に負ける。
とりあえず今までの経験を元にルーファスの性能を分析


① 下大P
リーチが長く、判定も強い。出はやや遅めで硬直もそれなりに長いが
遠距離でガードしてしまうと反撃できない。
地上接近時、ダブラリの硬直中、ジャンプ予備動作中に当たることが多い。

対策は地上技でつぶす、先読みジャンプ回避の2種。
EXバニは遠距離だと一発しかヒットせず反撃確定となるため使わない。
立中Pがかなり有効!遠距離でも出がかりをつぶせる。立小Kでも代用可能。

セビって前ダッシュするのも手だが、見てからEX銀河トルネードが間に合うので乱用できない。

前ジャンプで回避できた場合は、距離次第で対応を決める。
届くならJ大P>小足>EXバニが確定。着地後の祖国すら狙える。
ただし前ジャンプが失敗した場合、残念な結果が待っていることが多いので狙うときは慎重に。

タイミングが合っていれば各種ダブラリでカウンターヒットをとれる。
空振りした場合、Kダブラリなら反撃は受けにくいが、次の下大Pはガードせざるを得なくなり
押し戻されてしまう。
一応Kダブラリと見せかけて持続の長いPダブラリで刈り取るという罠を仕掛けることも可能。
これは意外と通用するので覚えていて損はない。

② 昇り大K(2発)
斜め上方向の判定が異常に強く、空対空で出されると負けることが多い。
前ジャンプで2HITした場合、ウルコンや蛇突の追い打ちでかなり痛いダメージをくらう。
特にEX蛇突のダメージはかなり痛い。
またザンギのめくりに対する回避手段としても優秀。タイミングが遅いと
逃げジャンプ攻撃であっさり返される。

対策としてはまずジャンプを読まれないこと。
下大PやEX救世主、EX蛇突を食らったあとは、直後の仕返し狙いのジャンプは控える。
また横に長いわけではないので、当たらないように空ジャンプするなどして相手のミスを誘うのも手。
相手のジャンプ頂点付近でで交差しないような位置であれば良い。


めくり返しの逃げジャンプ大Kに対しては、先読みでボディプレスの早出しすればつぶせるが
ジャンプされなかった場合、ザンギのラッシュが終了してしまう。
ダメージは低いが、下小Kで乗っかるようにだすとラッシュ継続の望みが残る。

③ EX救世主キック
完全無敵かつ攻撃力高。セビキャンからのウルコンにまでつながる。
ガードできても打撃派生3種、止めの4択があり、最後まで油断できない。
この技を読めるかどうかが対ルーファス戦のカギになる。

対策はともかく出すタイミングを見極めて初弾ガードするしかない。
削りKO目的で出されたら詰み。
コンボ起点技目的と、回避目的の2種類に大きく分類できる。
慎重なルーファスは後者のためにゲージを常に一本残すために節約することが多い。

ガードしたらPPPを連打が安定。最悪相打ちダメージ勝ちを狙える。ただしダブルKOには要注意。
派生技をガードしきれる自信があれば、ガード後に投げor打撃の選択を迫れる。

特に上段派生のサマーソルトはガード後祖国が確定する
判定が強く、セビを割るため頻用されるので狙うチャンスは多い。
ただしセビキャンで回避されるのでその場合は手を出さない。
ゲージ3本を消費させただけでも大収穫と考える。
中段技の踵落としガード後はおそらく確定しないので祖国確定するが猶予0フレなので
要注意。
下段派生は出が遅いため発生前に2回転コマンド。
一応セビLV2が確反っぽい。

とりあえず救世主キックを出してくる状況をまとめてみた。

1:跳び技ガード後(特に中K)
ザンギのJ中Kは下に判定が長いため、高い打点でガードされると着地後に隙間ができてしまい、
割り込み可能。

2:密着連携割り込み
ザンギの小足は発生3フレ目押しコンボ可能だが、ガード時は割り込み可能。下小P連打キャンセルなら連続ガードのため割り込めないが発生が4フレ。

3:空中戦撃墜着地後
地上攻めのチャンスが一気にピンチに変わる瞬間。
ルーファス側にとって予想外の空中撃墜だった場合(ファルコーンキックを立小Pで撃墜など)
あるいは撃墜位置が超低空で数フレ後の即座の着地選択を迫られた場合は、
出してこないことが多い気がする。

4:中段技ヒット後
ガードされると祖国、スクリューが確定するが、ルーファス側もダメもとで救世主キックを入力してくる。
ヒット時は逆にルーファスの投げ、打撃の2択が来る。
厄介だがガード反確で、初心者のPPP連打に負けるので頻用はしてこない。

5:銀河トルネードガード後
稼働初期に猛威をふるった連係。基本。

6:ファルコーンキックガード後
これがザンギ側として一番きつい。コマ投げ、ダブラリ、投げ抜け、バクステなど
ガード以外のすべての選択肢がつぶされる。

7:起き上がりリバーサル
幸いにもEX救世主キックはめくりに弱い。運よくヒットしても一発しか当たらない。
したがってザンギのめくりラッシュ初弾はガードして、2弾目以降に割り込みを狙うことが多い。

④ ファルコーンキック
驚異のラッシュの起点となる技。とにかく判定が強い。
下ガード可能だがルーファス着地後の有利フレームが長くなる。
ガード後は投げ、打撃、再度空中ラッシュの選択肢がある。ループ可能。
ルーファス側が最も狙いたいのは投げと見せかけのTC+ウルコン、
時間差EX救世主キック>セビキャンウルコン。

対策は分かっているのだが、傾向と分析はまだまとまっていない・・・。
ファルコーンキック初弾ガード後は投げor再度ファルコーンの2択であることが多い気がする。
基本下ガードを固めて、投げが来るとわかったら投げ抜け仕込みの一回転+小PK。
わずかに離れた間合いでファルコーン来ると思ったらダブラリで対処している。
TCガードできたらコマ投げガード。

まだ未検証だが下記の技は有効な反撃手段となりうるかもしれない。
・小攻撃>中P>銀河トルネードのグラップ、暴れ潰し連携にEXバニとEXスクリュー
・ファルコーン着地数フレ前にEXスクリュー
・割り込みは小足ではなく立小P、立中P
・バクステ仕込みガード

⑤ スペースオペラシンフォニー
ウルコン。コンボからつながる状況が多数。
また完全対空技なのでウルコンゲージがたまった状況で跳ぶのは絶対ダメ

⑥ EX蛇突
驚異の攻撃力。他キャラのウルコンより減ることがある。
コンボから食らうことが多いが、遅い起き攻めや安易な飛び込みをすると直ヒットしてしまう。
この技が存在するため、ルーファスへの起き攻めヘッドバット重ねが使えない。

⑦ 銀河トルネード
特筆すべきはEX版。有効範囲が極めて広く、ガードしていないと吸いこまれてヒット。
遠ければヒットはせず引き寄せられるだけで済む。
ダブラリ空振り、セビポーズ見てから反確技。ただし単発の攻撃で終わるため
食らってもあまり痛くない。ただし画面端だとウルコンの追い打ちがあるので要注意

試合展望

ルーファス側としては遠くでザンギを押し返し、跳ばせて追い打ち決めて殺すのが理想の展開。
序盤は下大Pでの牽制がメインになる。
したがって、読まれるようなジャンプは控えて、基本的にじっくり地上接近を狙うのが一番良い。

幸いにもザンギには優秀な牽制技があり、ルーファスの下大P発生前、空振り後にダメージを奪える。
下大Pを封じられるとルーファス側にザンギ前進を止める手段はほとんどない
前転キックの奇襲があるが、下大P潰し技(立中K、立小K)が通用する。
目標となる間合いは立中Pが届く間合い。この距離で中Pで刻みつつ小スクをからめて固める。
こうなるとルーファス側は苦しい。
この距離だと通常技はすべてつぶされるし、ザンギの早出しJ中Kが最もよく機能する。

ザンギ立中Pをつぶせる技はEX救世主、EX銀河トルネード。
ゲージがなければルーファス側に対抗手段はほとんどない。こうなると後退脱出以外選択肢がなく
最終的に画面端に追い込むことができる。

ジャンプ自体を完全に控える必要はない。こちらのジャンプに対してどう対処するのかを
探りを入れてもいいと思う。J大の指先から肘が重なるような位置が良い。

ルーファスには昇りで対空するタイプと、地上で対空するタイプの2種類がある。
昇り対空は大ダメージのリスクがあるが、
空ジャンプと早出し小P小Kで空振りと撃墜を狙えるタイミングが存在する。
成功すればザンギの3択を迫れる。お互いハイリスクハイリターン。

地上対空されると、ザンギ中K以外は一方的に落とされることが多い。
J中Kは相討ちが多いが、ダメージ勝ちできる。中Kで踏み勝てた場合場合カウンターなので
着地後に小足コンボが確定する。位置によっては空ジャンプでスカして投げることが可能。
EX蛇突対空は実はかなり強力。

ファルコーンラッシュはザンギにとって脅威だが、ダブラリ一発で試合展開がひっくり返ってしまう。
安定したラッシュを続けることはエスパーでもない限り困難。

そして運よくダウンを奪えたら、待望の起き攻め開始。
要注意なのはPダブラリ後のめくりボディプレスは間に合わないことが多い。
なので地上からの起き攻めに徹すること。
それ以外の場合はめくりボディプレスを起点にラッシュ。J下小Kでも良い。
着地後は小足コンボ、ダブラリ、投げの3択。ルーファスは体が大きいためダブラリが当たりやすい。

最後の壁はやはり救世主キック。小足ガードされたらいつでも割り込まれてしまう。
小足ヒットしてもコンボが甘いと割り込まれる。
ルーファス側としてはEX救世主とジャンプ入力していればコマ投げ、祖国だけは回避できるので
これら脱出手段に対するリスクを何度も意識させるまでは祖国は狙わない方がいい。
一番確実なのは、救世主の上段派生ガード後の確反祖国。
ウルコンゲージの無駄遣いだけは避けよう。
ゲージがなければルーファスに死兆星が見える。


ゲージのないルーファスはただのデブ
EX救世主キックが出せない状態だとルーファスはかなりつらい。8:2はつく。
相手のゲージを常に意識し、無駄遣いさせてからじっくりとどめを刺そう。

スポンサーサイト

| スト4 | 2009-03-29 | comments:1 | TOP↑

COMMENT

さらに補足

~お得情報~

救世主派生大K(中段)・銀河はめり込めばガードすると弱中強かまわず祖国確定します。(-1フレなため)

FABは範囲が狭いので祖国のみ確定です。

| らいは | 2009/03/30 08:46 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。