• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

函館出張前日② 1/26

さて、他の試合をみて事前情報を整理する必要がある。
自分はシードだったので、すでにいくつかの試合が終了している。

おたつバイソンvsBENザンギエフ

おたつさんは非常に守りが堅く、多少の揺さぶりでは崩せない。
以前Aランクから降格したときに新川で対戦したことがある。
全敗だった。会長バイソン相手でもここまでヒドい負け方はしなかった。
おたつさんは41の大会で会長を下し準優勝している。

一方BENさんは現役の3rdプレイヤー。ヒューゴー使いでパロで
恐ろしいぐらいの屍の山をきずいていたのはよく覚えている。
スト4を途中から始めたそうだが、初期戦闘能力の高さに驚いた。
現在BP2万前後。さすが3rd勢。自分そのくらいの頃はもっと下手だったよ・・・。
キャラ対策はまだ発展途上であるが、将来の札幌強豪リストに入れるべき人物だ。

試合結果はおたつさんの勝ち。さすがザンギの泣き所をよく知っている。

ダブラリに合わせられないように読めないダッストで削り、
ザンギ飛び込みはジャンプ中Kが当たらない間合いで昇り大P、アッパーで撃墜、
ダブラリをつぶす飛び込み(通称:ダブラリ停止スイッチ)でコンボを正確に決め
忘れた頃に通常投げ。ザンギ使いなら誰もが通る負けパターン。

BENさんの負けは無駄にはしない。おたつさんの情報が取れた。

自分の試合が終わった後も試合観戦は続ける。
実は自分は試合実況マイクを渡されていたが前日ほとんど寝ておらず、
試合に集中したかったため第一試合のみ担当して
エミリオ氏にバトンタッチ。彼の実況はもはや札幌マキシム大会の定番。

ぬぼザンギvsおたつバイソン(効果音付き)

動物に例えるなら熊vs鷲。プロレスなら猪木vsアリ。
ぬぼさんは野生の勘が光るザンギプレイヤーで札幌ザンギ勢の超危険人物。
3rdプレイヤーでヒューゴー使い。自分は苦手。
スクリュー決めようと思った瞬間逆に投げられている、という場面多数。
こちらが仕掛けようとした攻撃に対して瞬間で反応できるのはうらやましい。
腕一本くれてやる代わりに背骨をへし折る、という強引なスタイル。
またなかなか見る機会がないが、防御に徹した時の立ち回りは絶妙。

結果はおたつさんの勝ち。野生の勘ぬぼさんでもおたつバイソンを崩すことはできなかった。
試合途中に、ぬぼさんのザンギが遠くでいきなり光った時はびっくりした。
おそらくダッストにEXスクリューを重ねて吸おうとして暴発したのだろう。
観客はびっくり、まさに太陽拳
しかしおたつさんではなく勝利の女神の目をくらませてしまったようだ。

ここでは有用な情報を得ることができた。おたつさんのザンギ対策は終始一貫している。
ダメージソースは読めないダッスト、ダブラリつぶし、投げ失敗時の反確、当て投げ、対空。
対策は
1:なるべく技の空振りは避ける。とくにスクリュー、ダッスト合わせダブラリ
2:ヘッドガードの投げを狙う(特に画面端)
3:当て投げは一転読みでバックダッシュスクリュー
4:飛び込む時は下タメないことを確認し早出し中K
5:飛びこまれてもダブラリ控えてガード。間に合いそうならEXバニを着地硬直に当てる
6:光って突進してきたら立ちガードの祖国狙い。ダブラリダメゼッタイ。下段食らっても気にしない。
7:画面端に追い込んだら硬直少ない立小K、立中Pで散らす。歩き小スクは我慢。ヘッドに用心。

上の対策が空回りした場合は、歩き小スク、ダブラリ封印を解除するだけ。

以上の対策を立てた上で準決勝に臨む。相手はよっちゃんバイソン。
おたつさんと組み急速に成長している注目株。上の7項目を試す絶好の機会。

勝った。試合展開はよく覚えていないが7項目は全部ではないが上手く機能した。
ギャラリーのぬぼさん達の応援(野次?)が面白すぎたらしいが集中しすぎて聞いてなかった。
日和ってる、との声だけは覚えている。自分の方こそ日和モードMAXなんです。
ギャラリーの声をまじめに聞いていたら間違いなく爆笑して死んでましたよ。

Hbルーファスvsおたつバイソン

もうひとつの準決勝は好カード。
Hbさんは前日新札幌で対戦してその実力は身をもって知っている。
ファルコーン(急降下キック)からの連携ラッシュが非常に上手く、
投げ、グラップつぶし、EX救世主の3択の強力さをよく体現したプレイヤー。
あのおみつ本田ですら何本もとられている。
しかもまだ強くなる余地がある。老人には若者の可能性が眩しく輝くものだ・・・。

結果はおたつバイソンの勝利。ファルコーンキックは下ガード可能であり
タメを継続しつつ割り込める。Hbルーファスがラッシュをかけて試合の流れをつかんでも
ヘッドバットで冷静に断ち切る。これで決勝の相手はおたつさんに決定。
当初の戦略を予定通り実行するのみ。

JHAザンギvsおたつバイソン

ついに来た決勝戦。新川での敗北にリベンジできるか?
戦略は間違っていないはず。あとは冷静に実行できるか・・・

結果・・・最初の2戦は落としてしまったが手ごたえはあった。
2戦で仕掛けるポイントを微調整して逆3タテ。勝てた!
スクリューを控えるのがこれほどつらいとは思わなかった。
ザンギ使いが最も至福の境地を感じるのは祖国ではなく歩き小スクを決めた時。
この誘惑を断ち切るのは辛かった・・・。

中級者大会優勝
賞品はスト4カード一枚。
実は大会上位に入った経験はあまりない。昔はヒッキー器質もあり参加できなかった。
優勝経験はマルゲ屋のKOF94大会とスガイのzero3大会のみ。正直うれしい。

試合後はアベルメインで対戦。やはりマキシム常連相手には通用しない。
ゴブリンさんにちょっと教えてもらってあとは観戦メイン。
野試合で目を引いたのがゴウキ。PRに新参者って書いてるけど上手い。
ザンギで乱入して一勝一敗。エネモブランカに敗れていなければ彼に負けたかもしれない。
要注意人物リストに加えておかねば・・・
マスターにチャレンジしたかったのだがグラマスサガットに挑戦中だったので
とりあえず次の機会にした。

時計を見たら10時過ぎ。出張の準備せねば・・・。
最後にアシャンさんと2戦、ヨシキさんと1戦。
二人ともザンギで捕まえるにはあと一歩・・・この一歩が非常に難しい。

偶然マキシムで出会った友人いたおさんを車で送って帰宅。
出張のことを考えると暗い気分になった。

明日もがんばっていこう

スポンサーサイト

| スト4 | 2009-02-01 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

コメントから飛んできました!

中級者大会お疲れ様でした。
やっぱりこれ読む感じだとバイソン側有利は否めないところですね。
ザンギはどちらかというと技を先に出していかなければならない方なんで。
自分もザンギにきっちり勝ち越せるように精進しなければ…

あ、ちなみにおたつはそこまで考えてストⅣやってないですよ(笑)

| よっ | 2009/02/01 05:01 | URL |

初コメントありがとうございます。
自分はザンギ微有利かと思ってます。
遠距離テキトーダブラリでダウン後の恐怖の起き攻め。
4回食らったら十分死ねます。まさに残機設定4のアクションゲーム。
これを読むのに1,2回の犠牲試合が要ると思います。
自分がバイソン使っても無理ですw
どちらにせよまだまだ煮詰めるべき点があり、この先の展開が楽しみですね。

| JHA | 2009/02/01 05:51 | URL |

おじゃましま~す^^
実は私もM〇LKさんは危ないルーキーに認定しています。
今日ぬぼさんにボコられたので自分もサンギ対策始めようかな;
なんてったってぬぼさんは北海道No1の危険人物ですからねw

| めしお | 2009/02/01 06:13 | URL |

コメありがとうございます。
ぬぼさんはサガットキラーとして活躍を期待してます。
自分は何回か大Kの空振り見ないと怖くてEXバニが打てないです。
それでもぬぼさんなら・・ぬぼさんならやってくれる・・!

それを差し引いてもめしおさんがぬぼさんにボコられるとは・・・。
前パワプラで戦ったときは自分のザンギもうだめだと思いましたよ。

| JHA | 2009/02/01 06:42 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。